メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

169号(2001年3月)

●「青少年」を名目に始まった自民党のメディア総攻撃と放送界の対応/丸山昇
●放送局におけるジャーナリズム教育はいま~放送局員と放送局へのアンケート調査から
●放送局の社員教育・研修へのこれだけの疑問 放送現場からの声一挙掲載!
●「渡邊恒雄―メディアと権力」を取材して/魚住昭
●対論「人権救済機関とメディア」を問う/村越進・田島泰彦
 ▼日米放送博物館比較・中
  放送アーカイブを支えるのは誰か/平良絹代・高柳寛樹
 ▼テレビの泣きどころ<5>
  女性問題にテレビのニュースはなぜ冷たい?/関千枝子
 ▼スポーツとマスコミ<62> 冬季アジア大会経費膨張問題であの東奥日報経営者の豹変はなぜだ/谷口源太郎
 ▼メディア・レポート<85> 統一教会の言いがかりと投書者の“御用ライター”呼ばわりに反駁する/茶本繁正
 ▼マスコミ界「差別用語」最前線<36> 『鬼平犯科帳』100時間視聴に挑む!/用語問題取材班
 ▼テレビ・ドキュメンタリー台本『さいはての大地で~国労闘争団の14年』/毎日放送
 ▼デジタル放送の世紀<10> 地上波デジタルテレビを読む/香取淳子
 ▼データルーム 216名の連名による法務省・人権擁護推進審議会へのパブリック・コメント
 ▼映画のなかのマスコミ・拡大版 松本サリン事件とテレビの“飛ばし”報道を問う『日本の黒い夏―冤罪』/加藤久晴
 他