メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

140号(1996年5月)

●オウム事件とメディア社会/辺見庸
●パネルディスカッション・検証!オウム事件とテレビ/江川紹子、竹内精一、下村健一、芳沢重雄、北村和也
●邵錦“宇宙パワー”番組つい法廷へ! なぜ放送会社の責任を問うか/大塚泰伸
●「東京・小笠原村」のメディア~多チャンネル化で島民の意識はどう変わるか/小田部真紀
●小笠原テレビ新時代が開くか、もう一つの扉/音好宏
▼マスコミ界「差別用語」最前線<17>「竜馬」糾弾から「差別用語実験テスト」モデル回答まで/用語問題取材班
▼メディア・レポート<56>スポーツ紙顔負けの大見出しが躍る5党機関誌で「住専」を読む/茶本繁正
▼スポーツとマスコミ<35>総務責任体制のもと破綻へ向かって突っ走る泥沼の長野五輪/谷口源太郎
▼情報公開とマスコミ<4>薬害エイズだけではない医療情報隠しに迫る/奥津茂樹
▼テレビ&ヒーローの系譜<35>石原慎太郎/香取淳子
▼テレビ・ドキュメンタリー台本『原告番号38~エイズ・少年の死は訴える』