メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

156号(1999年1月)

●放送記者・カメラ匿名座談会 毒物カレー事件 テレビ取材現場の100日
●参院選惨敗でテレビに詰め寄る 自民党「報道モニター制度」の軽薄/丸山昇
●地方自治体が始めた 「記者会見全公開」はジャーナリズムに何を問うか/音好宏
●「サラ金CM解禁」に待ったをかけた 読売テレビ労組の正論と会社の居直り/編集部
●データルーム/Vチップおよび番組格付け導入についてのメディア総合研究所の見解
●視聴者と選ぶ『WNB賞』を創設して/野崎清
▼おばさん三人郵政省を行く<番外編>郵政省と市民との論争-放送法の解釈をめぐって/塚本みゆき
▼新連載・衛星放送の発想と力 地上放送と何が違うか/加藤吉治郎
▼スポーツとマスコミ<50> 「地域密着」を志向するJリーグはベイスターズ優勝への道から何を学ぶか/谷口源太郎
▼メディア・レポート<71> 読売新聞の中央公論社併合で見えてきた出口なき出版不況の深淵/茶本繁正
▼TVニュースタイトル考・ 枝切り/大島規義
▼テレビ・ドキュメンタリー台本 「薬害ヤコブ病」/毎日放送
 他