メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

155号(1998年12月)

●誕生から35年! ワイドショー再考 帝京大ラグビー部員集団暴行事件報道とロス疑惑・三浦高裁判決報道を検証して/小田桐誠
●毒物カレー事件報道にいま求められていること 松本サリン事件の教訓は生かされているか/梓澤和幸、飯田正剛
●関西最大のプロダクション 大阪東通」の経営危機で問われる在阪準キイ4社のこれだけの責任/戸塩太平
●パネルディスカッション 2008年オリンピック大阪招致とオリンピック報道を考える/江沢正雄、小西和人、志岐幸子、宿沢広朗、谷口源太
郎、林克也、音好宏
 ○問題提起1 国の補助に頼らない市民のためのオリンピックを/林克也
 ○問題提起2 ゴミの島に10万人の競技場は”平成の愚挙”だ/小西和人
●サンフランシスコで出会った「市民による市民のチャンネル」を創る人々/松浦さと子
●データルーム  Vチップ制度の性急な導入に反対するとともに、放送界の青少年問題への積極的な対応を求めるアピール
▼おばさん三人郵政省を行く・最終回 世におばさんほど恐いものはない!/塚本みゆき
▼スポーツとマスコミ<49> 最多本塁打記録更新でも黙視できないマグワイア選手薬漬けの深刻な波紋/谷口源太郎
▼メディア・レポート<71> テポドン発射で急浮上した戦域ミサイル防衛構想十数兆円の冷水/茶本繁正
▼TVニュースタイトル考・ 吝嗇/大島規義
 他