メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区三栄町17 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • シンポジウム

これまでの主催・共催シンポジウム一覧

☆OR検索。空白で区切り5wordsまでOK。  

「原子力防災」とテレビ

2013年5月11日   in東京・水道橋

  •  全国各地に原発を擁する日本が、否応なく迫られる「原子力防災」への備え。東京電力福島第一原子力発電所事故から二年を経て、
    メディアの姿勢が改めて問い直される中で、原子力防災の観点から原発事故報道を検証し、テレビ報道の役割を考えます。

     日  時: 2013年5月11日(土)午後2時~5時(予定)
     会  場: LEN貸会議室「水道橋・4階」
                 東京都文京区後楽1-2-8 後楽一丁目ビル
     参加費: 1000円
           (学生・メディア総研維持会員は無料)
     
     パネリスト
      福島 隆史 (TBSテレビ)
      佐藤 崇 (福島中央テレビ)
      綿井 健陽 (ジャーナリスト) ほか
     コーディネーター
      倉澤 治雄 (科学ジャーナリスト)


    主催・問い合わせ  メディア総合研究所
    
    
    会場の地図はpdfファイルをご覧ください。


    資料:4階.pdf

【研究会】メディア総合研究所 連続研究会「原発事故を見つめ続ける」

2013年1月10日

  • 2011年3月11日の東日本大震災によって引き起こされた東京電力福島第一原子力発電所事故。あれから、私たちは非常に多岐にわたる難問に直面せざるを得なくなりました。科学技術、エネルギー問題、政治・経済・社会をめぐる諸問題、そしてメディアのあり方…未来に向けた冷静な議論に資するために、メディア総合研究所では、論点を一つひとつ整理する研究会を企画しました。どなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。
     
    ◆10月24日(水) 午後6時30分〜8時30分 「東京電力とメディア」 終了
    ゲスト:蓮池透さん〈元東京電力。東京電力原子燃料サイクル部部長などを歴任。2009年夏に退社。著書に『私が愛した東京電力―福島第一原発の保守管理者として』など〉
     
    ◆11月7日(水)  午後6時30分〜8時30分 「原子力防災とメディア」 終了
    ゲスト:松野元さん〈元四国電力。原子力安全基盤機構(当時:原子力発電技術機構)緊急時対策技術開発室長などを歴任。著書に『原子力防災─原子力リスクすべてと正しく向き合うために』など〉
     
    ◆11月21日(水)  午後6時30分〜8時30分 「原子力開発史とメディア」  終了
    ゲスト:舘野淳さん〈核・エネルギー問題情報センター事務局長。元日本原子力研究所研究員。著書に『廃炉時代が始まった-この原発はいらない』など〉
     
    ◆12月5日(水)  午後6時30分〜8時30分 「原発事故とメディア」  終了
    ゲスト:奥山俊宏さん〈朝日新聞特別報道部記者。東京大学工学部原子力工学科卒。著書に『ルポ東京電力 原発危機1ヵ月』など〉
     
    ◆12月19日(水)  午後6時30分〜8時30分 「原発訴訟とメディア」 終了
    ゲスト:海渡雄一さん〈弁護士。各地の原発運転差止訴訟を手がける。元日弁連事務総長。著書に『原発訴訟』など〉

    ◆2013年1月9日(水) 午後6時30分~8時30分「日本の核開発とメディア」 終了
    ゲスト:太田昌克さん(共同通信編集委員)
     
    会 場  四谷アクセア 第1会議室
          新宿区荒木町13-9サンワールド四谷ビル1F  
     
        
     
    参加費:1000円 (メディア総研維持会員は無料)
    ※ なるべく事前にお申し込みください。
     
    主催(問合せ・申込み): メディア総合研究所
    〒160-0007 東京都新宿区荒木町1-22-203
    電話 03(3226)0621 FAX 03(3226)0684
    メール:mail@mediasoken.org 
    連続研究会は来年1月まで継続の予定です。
     
     

    四谷アクセア貸会議室 新宿区荒木町13-9サンワールド四谷ビル1F
      ●東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」4番出口を出て直進⇒
                       東京三菱銀行を左折⇒約300m左側
      ●都営新宿線「曙橋」A4出口を出て右折⇒
                   エッソガソリンスタンドを右折⇒約180m右側
     


    資料:.pdf
「体育の日」スペシャルシンポジウム

日本スポーツの「これまで」と「これから」

~JOC・日本体育協会創立100周年の節目に~
2011年10月10日

  • ◆パネリスト
    伊藤夫 日本体育協会スポーツ科学研究室長
    滝口隆司 毎日新聞運動部
    谷口源太郎 スポーツジャーナリスト
    來田享子 中京大学スポーツ科学部教授
    司会 森川 貞夫 市民スポーツ&文化研究所
     
    主催:スポーツ政策研究会/メディア総合研究所


    資料:.pdf
シンポジウム

「メディアは原子力をどう伝えたか」

2011年6月25日   in東京

  • ◆パネリスト
    小出五郎科学ジャーナリストで元NHK解説委員
    小田桐誠ジャーナリスト・BPO「放送と青少年に関する委員会」委員
    野呂法夫・東京新聞
    綿井健陽・ジャーナリスト
    小玉美意子・武蔵大学教授
     
    メディア総研/「開かれたNHKをめざす全国連絡会」共催


    資料:.pdf
シンポジウム

「原発事故とメディア」

2011年4月30日   in東京

  • ◆基調講演 広河隆一(フォトジャーナリストで雑誌『DAYS JAPAN』編集長)

    ◆パネルディスカッション
    後藤政志・元東芝技術者
    寺尾克彦・民放労連東北地連書記長
    渡辺実・危機管理ジャーナリスト/まちづくり研究所
    砂川浩慶・立教大学准教授
     
    メディア総研/「開かれたNHKをめざす全国連絡会」共催


    資料:.pdf
川本信正さん没後13年記念企画 スポーツとマスコミシンポジウム

今こそスポーツジャーナリズムを問う

2009年6月19日   in東京

  • ◆報告:「川本信正さんが伝えようとしたこと」 森川 貞夫(日本体育大学教授)
    ◆パネルディスカッション:
     滝口 隆司(毎日新聞運動部)
     谷口 源太郎(スポーツジャーナリスト)
     森田 浩之(ジャーナリスト)
     山口 香(筑波大学准教授)、
     コーディネーター:杉山 茂(スポーツプロデューサー)


    資料:.pdf
アナログ放送「終了」まであと1000日 公開シンポジウム

地デジ「完全移行」への道

2008年10月25日   in東京

  • ◇第1部
     講演・冒頭発言
      ① 上瀬 千春(フジテレビ技術開発局役員待遇技師長)
      ② 坂本 衛(ジャーナリスト)

    ◇第2部
     パネルディスカッション
     パネリスト (上記の2名に加えて)
       吉井 勇(月刊ニューメディア編集長)
       荒川 顕一(ジャーナリスト)
       岩田 淳(テレビ朝日) 
       赤塚オホロ(民放労連委員長)
       コーディネーター 須藤 春夫(メディア総研所長・法政大学教授)
     
    共催:民放労連・メディア総合研究所


    資料:.pdf
緊急公開シンポジウム

徹底討論!NHK「再生」の道

2008年3月1日   in東京

  • ◆基調講演
     原 寿雄(ジャーナリスト・元共同通信編集主幹)

    ◆パネルディスカッション
     岸 博幸(慶応大学准教授)
     隈元信一(朝日新聞論説委員)
     醍醐 聰(NHKを監視・激励するコミュニティ共同代表)
     戸崎賢二(愛知東邦大学教授)
     日隅一雄(弁護士)
     コーディネーター:服部孝章(立教大学教授)


    資料:.pdf
メディア総研シンポジウム

「放送の自由は誰のものか ~徹底討論・放送法「改正」案~」

2007年7月14日   in東京

  • ◆基調講演: 松田 浩(元立命館大学教授)

    ◆パネルディスカッション
      パネリスト: 川村 晃司(テレビ朝日コメンテーター・予定)
             田中 早苗(弁護士)
             臺 宏士(毎日新聞記者)
             服部 孝章(立教大学教授)
             吉岡 忍(ノンフィクション作家・予定)
             放送局関係者(予定)


    資料:.pdf
「放送レポート」200号記念シンポジウム

「官」の腐敗に迫る

2006年4月22日   in東京

  • 基調講演
     浅野 史郎(元宮城県知事)
      「なぜ警察と対峙したか ~宮城県警・捜査報償費問題とメディア」

    パネルディスカッション
     竹内 誠(高知新聞記者)~高知県警の「裏金」問題を追及
     往住 嘉文(北海道新聞編集委員)~沖縄密約問題・当時の外交官から証言をスクープ
     奥田 信幸(毎日放送ニュースセンターデスク)~大阪市の「カラ残業」問題などをキャンペーンで追及
     コーディネーター:岩崎 貞明(放送レポート編集長)


    資料:.pdf
メディア総研設立10周年記念 連続シンポジウム「戦争とメディア」 第4回(最終回)

「境界」を越えて

2005年6月11日   in東京

  • 基調講演:テッサ・モーリス-スズキ(オーストラリア国立大学教授)

    パネリスト:徐 京植(作家、東京経済大学教員)
          小倉利丸(富山大学教員)
          ベンジャミン・フルフォード(ジャーナリスト、元『フォーブズ』)
          テッサ・モーリス-スズキ
    コーディネーター:藤森 研(朝日新聞編集委員)


    資料:.pdf
緊急シンポジウム

市民・政治・放送 NHK「政治介入」問題を考える

2005年4月16日   in東京

  • パネリスト 坂上 香 映像ジャーナリスト、京都文教大学助教員
          野中章弘 アジアプレス・インターナショナル代表
          簔葉信弘 日本女子大非常勤講師、元NHK文研主任研究員
    コーディネーター 服部孝章 立教大学教授


    資料:.pdf
メディア総研設立10周年記念 連続シンポジウム「戦争とメディア」 第3回

メディアの指定公共機関化を問う

2005年3月26日   in東京

  • パネリスト 梓澤和幸(弁護士)
          服部孝章(立教大学教授)
          宮城 歓(沖縄マスコミ労協議長)
          渡辺興二郎(テレビ朝日報道局次長)
    コーディネーター 岩崎貞明(メディア総研事務局長)


    資料:.pdf
スポーツとマスコミシンポジウム

プロ野球に未来はあるか

2004年12月18日   in大阪

  • パネリスト
    池井 優(慶応義塾大学名誉教授)
    金光千尋(元オリックス野球クラブ常務)
    鈴木 光(「スポーツニッポン」大阪本社報道部長)
    辻口信良(弁護士)
    谷口源太郎(スポーツジャーナリスト/メディア総研


    資料:.pdf
メディア総合研究所設立10周年記念 連続シンポジウム「戦争とメディア」第二回

「憲法とメディア」

2004年11月13日   in東京

  • パネリスト  村松泰雄(朝日新聞 論説副主幹)
           菊池哲郎 (毎日新聞 論説委員長)
           山本大二郎(読売新聞 調査研究本部主任研究員)
           高嶺朝一 (琉球新報 常務・論説担当)
           桂 敬一(立正大学教授)


    資料:.pdf
メディア総合研究所設立10周年記念 連続シンポジウム「戦争とメディア」第一回

「戦後社会とメディア」

2004年6月26日   in東京

  • パネリスト
    石田 雄(政治学研究者・東京大学名誉教授) 石田氏は入院中のため、ビデオ録画での発言となりました。
    原 寿雄(ジャーナリスト・元共同通信編集主幹)
    森 達也(ドキュメンタリー作家・映画監督)

    コーディネーター
    須藤春夫(メディア総研所長・法政大学教授)


    資料:.pdf
集会

「有事法制下の表現とメディア」

2003年7月11日   in東京

  • 講演
    井上ひさし(作家・劇作家/ペンクラブ会長)
    田島泰彦(上智大学教授)

    主催
    日本劇作家協会、日本出版労働組合連合会、日本新聞労働組合連合、日本ジャーナリスト会議、日本ペンクラブ、日本民間放送労働組合連合会、日本マスコミ文化情報労組会議、メディア総合研究所


    資料:.pdf
報道フォーラム

戦争・有事法制とメディア

2003年6月21日   in東京

  • 基調講演
    高橋哲哉(東京大学大学院教授)

    パネルディスカッション
    伊藤友治(TBS外信部長)
    土江真樹子(琉球朝日放送報道部)
    綿井健陽(アジアプレス)
    コーディネーター/音 好宏(上智大学助教授)
    主催 民放労連・メディア総合研究所


    資料:.pdf
緊急国会シンポ

地上波テレビのデジタル化を考える

2003年3月7日   in東京

  • パネリスト
    上瀬千春(フジテレビ技術局)
    坂本 衛(「GALAC」編集長)
    吉村英二(日本消費者連盟)
    碓氷和哉(民放労連委員長)

    コーディネーター
    須藤春夫(法政大学教授・メディア総研所長)
    主催 民放労連・メディア総合研究所


    資料:.pdf
第8回スポーツとマスコミシンポジウム

どうなる日本のプロ野球

2002年12月14日   in東京

  • 問題提起
    河田弘道(元巨人軍編成本部アドバイザー)

    パネルディスカッション
    青島健太(スポーツキャスター)
    河田弘道(元巨人軍編成本部アドバイザー)
    佐野眞一(ノンフィクション作家)
    辻口信良(弁護士)
    西村欣也(朝日新聞編集委員)
    谷口源太郎(スポーツジャーナリスト)/コーディネーター


    資料:.pdf