メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区三栄町17 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

222号(2010年1月)

●ETV改変事件 八年目の真実
▲公開された改変前の映像/編集部
▲あのとき、何があったのか/長井暁 永田浩三 野中章弘 広瀬凉二 小玉美意子
●元FCC委員からのメッセージ/魚住真司
●記者もメディアも見られている/美浦克教
●県域放送はどこへ行く?――「情報通信法」時代のテレビ局に関する一考察――/安田拡
●NHK受信料制度を考える 第七回 受信料をめぐる攻防史――多メディア編―― /小田桐誠
●NHK職員のひとりごと 「大河」は史実とズレないで/神南太郎
●制作者の素顔 5 静岡放送 岸本達也さん /文・古木杜恵 フォト・福田文昭
▲新・デジタル放送の世紀〈20〉 ベトナムの女性誌 /香取淳子
▲テレビの泣きどころ〈58〉 ドラマの「美談」が「歴史」として定着する怖さ /関千枝子
▲スポーツとマスコミ〈113〉 2020年五輪招致表明の破廉恥さと軽薄さ /谷口源太郎
▲関西だより『坂の上の雲』めぐる論争でNHKの対応は /隅井孝雄
▲テレビドキュメンタリー台本『法服の枷 沈黙を破った裁判官たち』 /中京テレビ