メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区三栄町17 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

210号(2008年1月)

●講演 放送法改正と表現の自由 /服部孝章
●ドキュメンタリー対談 事件を撮る /森達也 アンドレス・ファイエル 
●視聴者不在の「タワー競争」 /丸山昇
●―テレビ発明80年― 米パブリック・アクセスの攻防 /魚住真司
●ドラマ「しょうちゅうとゴム」によって 小田実を送る /小中陽太郎
●9・11「捏造」疑惑に迫る(続) /壱岐一郎
●戦後放送の夜明け ファイスナーと放送法 第4回 /石井清司
▲新・デジタル放送の世紀〈8〉 コンテンツのグローバル化 /香取淳子
▲テレビの泣きどころ〈46〉 良心的番組が「伝統と文化」を連発する恐ろしさ /関千枝子
▲スポーツとマスコミ〈102〉拡大版 「亀田騒動」とテレビ /谷口源太郎
▲メディアアクセス・オン・BB〈32〉 市民参加の放送が直面する課題 /松本恭幸
▲関西だより KBS京都更生終了までの道のり /京都放送労組
▲テレビドキュメンタリー台本『紅いスクープ 世紀の中国報道 その光と影』 /名古屋テレビ放送