メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

174号(2002年2月)

●テロ・戦争とジャーナリズム/原 寿雄
●「防衛秘密」とメディア 平和憲法体制の亀裂(クラック)/藤森 研
●迷走する米国メディア 「思想の自由市場」の揺らぎ/音 好宏
●NHK・歪められた「改編」の真実〈上〉 ETV2001「問われる戦時性暴力」の制作現場で起きたこと/坂上 香
●パネルディスカッション 「影響」と「営業」のはざまで /阿座上泰宏、伊藤永嗣、岩田牧子、窪井雅昭、田中康之、鳥越俊太郎/岩崎貞明
●欧州メディアアクセス見聞録 1 オランダ 過激アートから移民テレビまで/川上隆史
●紀子さんはどこに? 行方不明記者の写真展を開催して/梅沢広昭
▼テレビの泣きどころ<10>
 テロ・戦争報道の”洪水”に馴らされる恐ろしさ/関千枝子
▼スポーツとマスコミ<67> メディア企業間戦争に振り回されるボーンヘッドのプロ野球界/谷口源太郎
▼メディア・レポート<90> ”常識”ふりかざして憲法を踏みにじる「戦争法」の狂気/茶本繁正
▼デジタル放送の世紀〈15〉 市民を味方にするテレビ/香取淳子
▼視聴者の眼 /菅谷明子
▼テレビ・ドキュメンタリー台本『明日は自由主義者が一人この世から去って行きます 特攻に散ったある学徒兵』/長野放送