メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

172号(2001年9月)

●参議院選2001 政党CMと考査の攻防/球磨祐次
●パネルディスカッション メディア自主規制と表現の自由/映画・松尾守、放送・三好晴海、新聞・橋場義之、雑誌・石井潤一郎、インターネッ
ト・丸橋透/山田健太
●NHK・ETV2001 『問われる戦時性暴力』改変にみる「編集権」とは何か〈下〉/竹内一晴
●視聴者に相談なく「アナログ放送10年後全廃」の暴挙はなぜだ!/丸山昇
●小泉フィーバーと「国会TV」/田北康成
●メディアを創造するNGOとの対話/菅原秀
▼テレビの泣きどころ<8>
 レイプ裁いて実相に迫る力作ドラマ『大惨事』/関千枝子
▼スポーツとマスコミ<65> 五輪招致惨敗で噴出す大阪市の責任と存在問われるメディアの姿勢/谷口源太郎
▼メディア・レポート<88> 「新しい歴史教科書をつくる会」がアジアにつくる新しい火ダネ/茶本繁正
▼デジタル放送の世紀<13> “HDTV中心”を撃て/香取淳子
▼テレビ・ドキュメンタリー台本『SPM 命を懸けた21世紀の約束』/読売テレビ