メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

160号(1999年9月)

●「視聴率がすべて」でテレビはいいのですかローカル民放局のこれから--のために/江森陽弘
●”盗聴法”成立へ向けて法務省がみせた異例づくめのマスコミ対策/丸山昇
●「青少年と放送に関する専門家会合」に保護者代表として参加した「PTA」と「子ども会」代表の唖然、茫然/田北康成
●「青少年と放送」で何が変わるか!?専門家会合の「取りまとめ」とメディア総研の「提言」の対立を中心に/服部孝章
▼メディアリテラシーの現在と未来<2> カナダのテレビ局で今、何が始まっているか/鈴木みどり
▼デジタル放送の世紀<2> 水越伸の予見/香取淳子
▼スポーツとマスコミ<53> 国旗・国歌法案で改めて問われる国民体育大会の歩みとスポーツ界の体質/谷口源太郎
▼衛星放送の発想と力<4> 地上波ローカル局の位置/加藤吉治郎
▼メディア・レポート<76> 違憲のおそれもある盗聴法に新聞協会会長のこの発言はなぜだ!/茶本繁正
▼TVニュース・タイトル考<10> バランス/大島規義
▼マスコミ界差別用語最前線<30> 略語「北鮮・南鮮」は蔑称、差別語か/用語問題取材班
▼テレビ・ドキュメンタリー台本 「学校とは何か?」/北海道放送
 他