メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
〒130-0026
東京都墨田区両国3-21-14
両国有泉ビル3階
Tel: 03-6666-9404
Fax: 03-6649-9673
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

133号(1995年3月)

●視聴者の知らない視聴者代表機関「番審」ってなんだ!
●世紀末に咲いたアダ花「横長ワイドテレビ」商戦の憂鬱/丸山昇
▼マスコミ界「差別用語」最前線<16>『全共闘白書』回収事件から「シナソバ」「シナチク」まで/用語問題取材班
▼スポーツとマスコミ<29> ヨーロッパで始まった際限なき五輪放映権争奪戦の仕掛人たち/谷口源太郎
●パネルディスカッション スポーツジャーナリズムに今なにが問われているか/大野晃、杉山茂、橋本隆、大和国男、谷口源太郎
▼新連載◆ジェンダーの視点からみたメディア組織<1> 社員・役職者・アルバイトの女性たち/村松泰子
▼メディア・レポート<49> 就職難時代の女子学生をもてあそぶセクハラ面接の企業感覚を撃て!/茶本繁正
▼テレビ・ドキュメンタリー台本 夢と現実の間で ある中国残留婦人の一家/朝日放送
▼テレビ&ヒーローの系譜<30> 野末陳平/香取淳子