メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
〒130-0026
東京都墨田区両国3-21-14
両国有泉ビル3階
Tel: 03-6666-9404
Fax: 03-6649-9673
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

135号(1995年7月)

●匿名座談会「一億総オウム」現象とマスコミ報道の裏側
▼メディア・レポート<51>オウム真理国憲法草案にみるファッショ教団の熱狂の地平/茶本繁正
●現実と非現実の曖昧な垣根 オウム・サリン報道の残像/今村庸一
▼続・検証 阪神淡路大震災報道 災害報道に問われたこといま成すべきこと/渡辺実
●「訂正放送制度」改定がつきつけた放送局への宿題/田島泰彦
▶国会審議から◀ 訂正放送制度改正論議を追う 人権救済と放送の自由をめぐって
▼ジェンダーの視点からみたメディア組織(3)メディアの中の性別役割分業その2 女性の多い職種・少ない職種/村松泰子
●大震災当日の朝日放送ラジオ「虚報」事件について/朝日放送労働組合
▼スポーツとマスコミ<30>「参院選がこわい」ではっきりしたサッカーくじ推進派の理念なきゴリ押し/谷口源太郎
▼テレビ&ヒーローの系譜<32>青島幸男/香取淳子