メディア総合研究所  

メディア総合研究所は次の3つの目的を掲げて活動していきます。

  1. マス・メディアをはじめとするコミュニケーション・メディアが人々の生活におよぼす社会的・文化的影響を研究し、その問題点と可能性を明らかにするとともに、メディアのあり方を考察し、提言する。
  2. メディアおよび文化の創造に携わる人々の労働を調査・研究し、それにふさわしい取材・創作・制作体制と職能的課題を考察し、提言する。
  3. シンポジウム等を開催し、研究内容の普及をはかるとともに、メディアおよび文化の研究と創造に携わる人々と視聴者・読者・市民との対話に努め、視聴者・メディア利用者組織の交流に協力する。
Media Research Institute
研究員専用
  • 研究プロジェクトの状況
  • 運営委員会・研究会報告
  • ログイン
維持会員募集
研究所の目的に賛同し、活動を支えてくださる維持会員を募集しています。
維持会費は年間1口1万円。

●維持会員の特典
『放送レポート』(隔月・年6回)、『メディア関連資料』CD版(年2回)が届けられます。また、研究所が行う催しには無料、または割引で参加することができます。
メディア総研の案内パンフレットは下記からダウンロードできます。
メディア総合研究所
160-0008 新宿区四谷三栄町6-5 木原ビル2F
Tel: 03-3226-0621
Fax: 03-3226-0684
mail@mediasoken.org
 
  • HOME 
  •  < 
  • 放送レポート目次

放送レポート目次

279号(2019年7月)

●「天皇交代」とテレビ ~「奉祝」と「忖度」の「時代越し」番組たち~/ 編集部
●「公共メディア」NHKの光と影/ 小田桐誠
●韓国放送人たちのたたかい・その後~その3 フリーランス、非正規の放送作家ユニオンの挑戦/ 岡本有佳
●「盆唄」を追い続けて~写真家・岩根愛さんの旅~/ 臺宏士
●天安門事件三〇年~中国「人権・民主・憲政」の挫折~/安江伸夫
●拝啓 沖縄より~全国のメディア関係者の皆様へ~ 23/ 沖縄問題取材班
●制作者の素顔 57 長崎文化放送 志久弘樹さん/ 古木杜恵
●スポーツとマスコミ 170 若者迎合で延命を図るIOCの断末魔/ 谷口源太郎

●ドキュメンタリー台本『バッシング その発信源の背後に何が』/MBSドキュメンタリー・映像18